小澤征爾音楽塾
Japanese|English

小沢征爾音楽塾とは?

2000年に、小澤征爾がオペラを通じて若手音楽家を育成することを目的に開始しました。
恩師であるカラヤンの言葉「交響曲とオペラは、音楽という車の両輪のようなもの」を持論とする小澤は、その実践の場として小澤征爾音楽塾を年に一度開催しています。小澤征爾音楽塾は、これまでに18回開催され、9つのオペラ作品と1つの交響曲を取り上げてきました。

Last updated: 2017.05.22

Topics & News
2017.05.22

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」&ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」
カヴァーキャスト オーディションのお知らせ

2018年の小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVIでは、新制作のプッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」および、2015年の音楽塾で上演されたラヴェル:歌劇「子どもと魔法」を上演いたします。 つきましては、カヴァーキャストオーディションを行いますので、お知らせいたします。 今回は、東京、京都の2都市でオーディションを開催いたします。この機会に是非、ご受験ください。
申込み締切は、6月5日(月)です。

募集要項、課題曲、申込用紙は↓こちらからダウンロード↓できます。

2017.05.22

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI
2018年公演開催発表!

2017年のビゼー:歌劇「カルメン」の公演で、多くの反響を巻き起こした小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトは、2018年も、京都市をはじめ、全国3ヶ所で公演を開催いたします。2018年の公演概要およびスケジュールが決まりましたので発表いたします。
2018年には、新制作でプッチーニ: 歌劇「ジャンニ・スキッキ」および、2015年の音楽塾で上演されたラヴェル: 歌劇「子どもと魔法」の2演目で上演します。演出は、音楽塾の初年度から制作に携わっているメトロポリタン歌劇場首席演出家のデイヴィッド・ニースです。小澤征爾音楽塾オーケストラは、2018年の公演のために、新たに中国、台湾、韓国と日本のアジア諸国から若手音楽家を国内外オーディションで選出して結成し、世界中の歌劇場で活躍するオペラ歌手及び一流の演出家やデザイナーとともにオペラ公演を作り上げていきます。
2018年にも、今年に引き続き、ロームシアター京都を拠点にしてオペラ制作を行い、最初の2公演を京都市で開催いたします。その後、東京および名古屋でツアー公演いたします。さらに、京都の小学生を対象とする「子どものためのオペラ」公演を、2018年にも実施いたします。

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI の公演概要およびスケジュールは下記の通りです。
来年も、皆さんのご来場をお待ちしております。

【公演概要及びスケジュール】
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」(全1幕)
ラヴェル:歌劇「子どもと魔法」(全1幕)
ROHM CLASSIC SPECIAL
※原語上演、字幕付き

音楽監督・指揮: 小澤征爾(「子どもと魔法」)
指揮:デリック・イノウエ(「ジャンニ・スキッキ」)
演出:デイヴィッド・ニース
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ
合唱:小澤征爾音楽塾合唱団
※公演内容詳細は後日発表いたします。

【公演開催日】

2018年 3月16日(金) 京都公演(ロームシアター京都 メインホール)
2018年 3月18日(日) 京都公演(ロームシアター京都 メインホール)
2018年 3月21日(水祝) 名古屋公演(愛知県芸術劇場大ホール)
2018年 3月25日(日) 東京公演 (東京文化会館大ホール)

「子どものためのオペラ」【小学生対象】
小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトXVI
プッチーニ:歌劇「ジャンニ・スキッキ」
ROHM CLASSIC SPECIAL

2018年3月13日(火)ロームシアター京都 メインホール
対象:京都の小学生を対象に無料招待(一般販売なし) ※原語上演、字幕付き 
※教育プログラムのため、一般の方のご入場はできません。

主 催:
小澤征爾音楽塾/潟買Fローザ・ジャパン
京都市(京都公演のみ)    
公益財団法人 京都市音楽芸術文化振興財団(京都公演のみ)
共 催:
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーション
協 賛:
ローム株式会社
 

Copyright © Veroza Japan All Rights Reserved